Matter は依然として将来のスマートホーム標準なのでしょうか?

すべての所有者は、家をより効率的、安全、便利にするスマートなソリューションを探しています。スマート ホーム デバイスは、生活の質の向上と時間と労力の節約に貢献するため、これらのソリューションの中で最も著名なものの 1 つです。この発展の中で、エクスペリエンスを統合し、よりシームレスで統合されたものにすることを約束する新しい標準、Matter 標準が登場しました。このプロトコルは、Apple、Google、Amazon、Samsung などのテクノロジー大手を含むアライアンスによって開発され、メーカーに関係なくスマート デバイスが完全に調和して動作できるようにすることを目的としています。

Matter 標準は、スマート ホーム テクノロジを統合し、デバイスの互換性を高めるという主張のおかげで、その発表時に話題を呼びましたが、Matter とは何でしょうか。また、実際にスマート ホームに期待される違いをもたらしたのでしょうか?確認する Apple HomeKit を 8 年間使用してきました: 私が学んだ長所と短所.

スマートホーム |事項 1 | 1IO6VFUZvlIV68KDFOohIOA DzTechs

スマートホームの Matter 標準とは何ですか?

スマートホーム |事項 2 | 1fTzzjPAM R68WF2ZcJALtQ DzTechs

Matter は、スマート ホーム エコシステムが確実に通信できるようにすることで、スマート ホーム エコシステムの統合を目指すオープンソースのスマート ホーム標準です。 Matter が登場する以前は、さまざまなエコシステムの多くのスマート ホーム デバイスはすでに互換性がありましたが、他のデバイスは深刻な非互換性を抱えていました。顧客が購入する前にそれを知ることが難しい場合がありました。

Matter 標準を使用するスマート ホーム デバイスの主な魅力は、すべてが問題なく連携して動作することです。また、同じエコシステム内で異なるメーカーのデバイスを使用する場合のように、数十のアプリをダウンロードする必要もありません。また、Matter 互換デバイスが使用できなくなる可能性が低いため、この標準はある程度の将来性も提供します。

Matter は、スマート ホーム デバイスを製造する数百の大企業と中小企業で構成される組織である Connectivity Standards Alliance を主導しています。 Matter と互換性のあるデバイスは、Matter 対応のアプリやエコシステムで動作することが期待できます。言い換えれば、Matter 標準は、採用されている範囲でのみグローバルに互換性があります。

Matter の機能の一部を次に示します。

幅広い互換性:

Matter を使用すると、スマート デバイスが Wi-Fi や Thread などの複数のプロトコル経由で通信できるようになり、異なる製品間の互換性が強化されます。

使いやすさ:

Matter は、簡素化された設定と強化されたユーザー エクスペリエンスを提供するため、スマートで使いやすいソリューションを求める一般ユーザーにとって魅力的です。

セキュリティとプライバシー:

Matter は、デバイス間の安全な接続を提供し、ユーザーの個人データを確実に保護することに重点を置いています。

大手企業からのサポート:

Apple、Google、Amazon、Samsung などの企業のサポートにより、市場における Matter の信頼性とリーチが強化されています。

継続的改善:

このアライアンスは、プロトコルの開発と改善に常に取り組んでおり、スマート ホーム テクノロジーの発展に確実に対応するために新機能や改善を追加しています。

Matter によってスマートホームの互換性は向上しましたか?

スマートホーム |事項 3 | 1P4ZY6QF7n1HF53Tp2ig49A DzTechs

この市場を完全に征服したわけではありませんが、Matter は確かにスマート ホームの互換性を高めました。市場の多くのデバイスがこの規格をサポートしており、スマート テクノロジーの大手メーカー 4 社 (Amazon、Apple、Google、Samsung) がこの規格をサポートしています。

が発行した報告書によると、 ABIリサーチ5.5 年から 2022 年の間に、Matter 互換のスマート ホーム デバイスが 2030 億台出荷されると推定されています。現在使用されているスマート ホーム デバイスの多くは Matter が採用される前のものですが、近い将来、この規格がスマート ホームを追い越し始める可能性が高く、ユーザーは古いデバイスを置き換えることになります。非互換。

現在、Matter はすべてのスマート デバイスでサポートされているわけではありません。スマート冷蔵庫、食器洗い機、空気清浄機などの家電製品に導入されていますが、Echo などの Matter 互換デバイスのリリースはまだ続いています。 1.3 年 2024 月の Matter XNUMX のリリースの時点で、水漏れ検出器、給水バルブ、凍結検出器などのセンサーのサポートも導入されました。

Matter の実装に関する最大の問題は単純なものです。Matter サポートなしで Matter デバイスをリリースするインセンティブはほとんどなく、十分な Matter デバイスがなければ Matter サポートを実装しても利益はありません。 Matter 標準の将来の成功は、顧客が新しいテクノロジーを購入するかどうかにかかっていますが、これまでのところ、Matter の将来は楽観的に見えます。

Matter は、互換性の問題を解決し、ユーザー エクスペリエンスを向上させる能力があるため、スマート ホームの主要標準になることが期待されています。大手企業のサポートと継続的な開発への関心により、Matter は将来のスマート デバイスにとって有望なソリューションとなっています。確認する HomePod を最大限に活用するために私が使用しているヒントとテクニック.

Matter はスマートホームの将来にどのような影響を与えるか

メーカーが新しいスマート ホーム デバイスに Matter を実装すると、家のアップグレードがこれまでより簡単になります。結局のところ、既存のハードウェアでうまく動作するかどうかを心配する必要はありません。ただし、Matter がスマート ホームにもたらすメリットはこれだけではありません。互換性の向上により、Matter Certification を使用すると、すべてのスマート ホーム デバイスを 1 つのアプリから簡単に制御できるようになります。

ホーム アシスタントなどのオープンソース ソリューションや、Apple HomeKit など広くサポートされているアプリはすでにこれを可能にしていますが、Matter を標準化することで、まだ存在するハードルを取り除くことができます。新しい標準をサポートしているAmazonやSamsungなどのブランドが、それを実装するデバイスを展開するにつれて、Matterの影響は加速するでしょう。

ただし、Matter の新しいバージョンが実装されるにつれて、その間に新しい開発が見られることが期待できます。興奮している場合は、次のことを試して標準をサポートすることもできます。 新しいNanoleafスマートライト أو Kasaスマートスイッチ あなたの家を未来に一歩近づけましょう。閲覧できるようになりました スマートテクノロジーが健康的な食事にどのように貢献するか.

ディーズテック

私は州のエンジニアで、プログラミング、Web サイト作成、SEO、テクニカル ライティングの分野で豊富な経験があります。私はテクノロジーに情熱を持っており、質の高い情報を一般の人々に提供することに専念しています。製品レビューやさまざまな分野の特殊なアプリケーションに関する正確で信頼できる情報を探しているユーザーにとって、私はより価値のあるリソースになることができます。品質と正確性に対する私の揺るぎない取り組みにより、提供される情報が視聴者にとって信頼でき、有益であることが保証されます。知識を絶え間なく追求することで、最新の技術開発に追いつき、共有されたアイデアが明確でアクセスしやすい方法で確実に伝わるように努めています。
トップボタンに移動