曲のボーカルマスタリングの技術に関する初心者向けガイド

音楽制作の世界では、ボーカル マスタリングの技術は、楽曲の優れたボーカル品質を実現するための重要なステップです。これは曲が聴衆に届けられる前に通過する最後のプロセスであり、ボーカルのバランスと明瞭さを向上させるのに大きな役割を果たします。あなたがオーディオ制作の愛好家や新人アーティストの場合、マスタリング方法を理解することは、聴衆のリスニング体験に大きな影響を与える可能性があります。

多くの場合、プロのマスタリング エンジニアが最高の結果を提供しますが、マスタリングの基本概念と目標を知っていれば、誰でも良いトラックを作成できます。曲をリリースするためのボーカルマスタリングの基本的な手順とツールを確認し、それに関連するプロセスと専門用語をわかりやすく説明します。

この記事では、ボーカルマスタリングの世界を探求し、基本的な手順とテクニックについての初心者ガイドを提供します。確認する オーディオ エンジニアになる方法: ステップバイステップ ガイド.

仕事とキャリア |ボーカルマスタリング1 | 1xaJTURsn4ts6 dy2yzhjtA DzTechs

オーディオマスタリングとは何ですか?

仕事とキャリア |ボーカルマスタリング2 | 1tKdod kCrykW8eLyZmbsgg DzTechs

オーディオ マスタリングは音楽制作の最終段階であり、オーディオ ミキシング段階に続き、芸術作品を一般に配布するプロセスに先行します。これは、曲や楽曲に存在する問題に対処するために特殊効果を追加することに依存します。マスタリングプロセスには、トーン、音量、ボーカルのコントラスト、音楽全体のレベルに特別な美的タッチを追加することが含まれており、アートワークをアリーナの既存の作品と同等にします。

音楽制作のすべての段階の中で、マスタリングが最も正確であると考えられています。エンジニアは、イコライザー、ステレオブースター、コンプレッサーなどの特殊なツールを使用して、ミックスの特徴を抽出しながら、対照的な特徴を完璧に仕上げようとします。

マスタリング プロセスの重要な要素は、全体的なラウドネスに合わせてトラックを調整することです。ミックスは業界標準、つまりストリーミング プラットフォームで聴くことができるトラックに匹敵するレベルまでレベルアップされています。確認する 人間による音声マスタリングと AI ベースの音声マスタリングの比較: どちらを選択するか?

ボーカルマスタリングへの第一歩

仕事とキャリア |ボーカルマスタリング3 | 14RosrpR50yEBigWCcaqT4A DzTechs

マスタリングは、ミックス全体を 1 つのオーディオ ファイルに結合し、新しいセッションに配置すると始まります。 DAW どちらを選択しますか。高品質なミックスを作成すると、マスタリングプロセスが簡素化されます。ミックス内のエラーはポストプロダクションで修正する必要があります。マスタリング中ではありません。

ミキシング セッションである程度のヘッドルームを残しておくと作業が楽になります (ステレオ出力チャンネルが -4 ~ -6 dB を超えていない場合)。これにより、クリッピングの問題が回避されるだけでなく、追加の EQ 調整やその他の変更を適用して全体のレベルを上げることができます。

急いでプラグインを大量に投入する前に、トラック全体を聞いてください。比較する参考トラックがある場合は、それも聞いてください。これは、どの主要なプラグインをどのように使用するかについて情報に基づいた決定を下すのに役立ちます。

ルートの始まりと終わりが明確であることを確認してください

仕事とキャリア |ボーカルマスタリング4 | 1jRR9Sj8z nE9BXA08GFe6A DzTechs

最初の実行後の主な最初のタスクは、ルートの明確な開始と終了を確立することです。オーディオ ファイルの始まりと終わりは比較的明瞭ですが、それらをマスタリングするには高い精度が必要です。

これを行うには、メイン チャンネル ストリップからトラックを作成し、自動再生を有効にします。次に、トラックの開始音量と終了音量を自動化します。これを行う方法がわからない場合は、DAW でオートメーションを使用する方法を調べてください。迷惑な音声中断が発生しないように、トラックのリズムとトーンに従うようにしてください。

これにより、マスタリングプロセスの最後にボリュームを上げると発生する可能性のある過度のヒスノイズやその他のサウンドを回避できます。始まりと終わりは忘れられないものなので、これらの部分を正しく理解するように努めてください。

イコライザーのブーストまたはカットでトラックを強化します

仕事とキャリア |ボーカルマスタリング5 | 1dD5O5O61F5XT7rzQrtW8mg DzTechs

ここで、トラックの本体に取り掛かり、微妙な EQ のブーストやカットで改善できるかどうかを確認します。この領域を強化したい場合は、イコライザーとフィルターの使用方法を学びましょう。

ほとんどの EQ で表示される光学式アナライザーをチェックすると、特定の周波数範囲で過小または過多を検出できるため、それをチェックするのに役立ちます。同様に、リファレンス トラックのサブベースとベース周波数の存在感が大きくなっていることがわかります。そこで、EQ ブーストを試してみることができます。

さまざまな EQ プラグインは、マスタリング段階でさまざまな周波数帯域のブースト/カットに特化しています。たとえば、PuigTec イコライザーは低周波をブーストするのに最適であり、他の EQ ツールは高周波に最適であることがわかります。鍵となるのは実験です。

ドラムの存在感をさらに高めるには、0.5 ~ 2.5 Hz 付近を 30 ~ 40 dB ブーストしてみてください。 15kHz あたりをブーストして、曲と全体のミックスに空気感と明るさを加えてみてください。

逆に、特定の周波数範囲でブーミーな/耳障りな存在が多く見つかる場合があります。 EQ リダクションが多すぎるか少なすぎるかの妥協点を見つける前に、過剰な量のリダクションを試してください。確認する EQ の種類とそれぞれをいつ使用するか.

マルチバンドコンプレッサーを使用する

仕事とキャリア |ボーカルマスタリング6 | 1pJ9vug1 5Chp bSi53Esuw DzTechs

マルチバンド コンプレッサーを使用すると、異なる周波数帯域に異なる圧縮率を適用できます。一般に、特定の周波数範囲で多くの音が聞こえる場合は、マルチバンド コンプレッサーを使用することをお勧めします。たとえば、低いか高いかです。

圧力をかけすぎるとダイナミックミックスの寿命を奪ってしまう可能性があるため、圧力をかけるときは注意してください。コンプレッサーについて復習するには、を参照してください。 圧縮プラグインの使い方.

ステレオエンハンサーアプリ

ステレオ強化プラグインは、ヘッドフォンを使用しているリスナーが特に好むトラックに磨きをかけるための優れた方法です。

これは、左チャンネルと右チャンネルの差を増やすことで機能し、ステレオ効果を強化します。ステレオ イメージング プラグインを試してミックスを拡張してください。過度に使用するとマッサージャー全体が台無しになるため、スイートスポットを見つけるために慎重に使用してください。

パラメータと測定を活用する

仕事とキャリア |ボーカルマスタリング7 | 1Z ygIkIWc3ayqTpsyrOU8A DzTechs

測定リミッターとプラグインを使用すると、現代の音楽業界のラウドネス レベルを正確に満たすことができます。それがどのように機能するのか、そしてこのレベルは何なのかを見てみましょう。

測定プラグイン

計測ツールを使用すると、LUFS、RMS、ピーク、トゥルー ピークなどの正確な測定値が得られます。 True Peak と Peak は、特定の時点での最大レベルを表します (True Peak の方が正確です)。

LUFS は、人間によるラウドネスの知覚に基づいた、時間の経過に伴う平均(結合とも呼ばれる)ラウドネスを表します。 RMS は同じものを表しますが、平均パワー信号に基づいています。レベル測定の業界標準は LUFS です。

現在、Spotify などのストリーミング プラットフォームでは、LUFS の最大レベルとして -14 が設定されています。マスター チップは -11 LUFS まで作成できますが、Spotify は自動的に -14 LUFS に下げます。したがって、彼女の音楽はすべてこのレベルで統一されています。

ルートのカスタム マスタリングに対して、-10 ~ -14 LUFS の間で完全に有効なターゲットを選択し、リミッターを使用してそれを達成します。トラックを再生するたびに、必ず測定プラグインをリセットしてください。

決定要因

仕事とキャリア |ボーカルマスタリング8 | 1NpDqAa2DV63t q5FFGa9 w DzTechs

リミッターは本質的には極端なコンプレッサーです。レベルが指定された音量 (0 dB など) を超えることを完全に防ぎ、クリッピングを回避するためです。この機能は、トラックのゲインを増加させる機能と組み合わされています。

トラックの再生で希望の LUFS (例: -10 LUFS) が生成されるまで、リミッターをスケーリング プラグインと組み合わせて使用​​します。リミッターを変更しすぎると、トラックの音楽が台無しになる可能性があります。全体的なレベルが希望する LUFS に達しながら、オーディオ品質が維持されるスイート スポットを見つけます。

複数のデバイスで最終結果を聞く

マスタリングの最後のステップは、複数の電子デバイスでスコアを聴くことです。たとえば、スピーカー、コンピュータ、電話などです。優れたマスタリングにより、あらゆるオーディオ システムで優れたサウンドのトラックが生成されます。

AI は有害なショートカットにつながる可能性がありますが、AI マスタリング ツールは学習に役立つ参考資料を提供します。確認する 外部マイクを購入する前に尋ねるべき質問.

よくある質問

Q1.オーディオマスタリングとは何ですか?

オーディオマスタリングは、音質とバランスを改善して優れたリスニング体験を実現することを目的とした曲制作の最終プロセスです。

Q2.マスタリングとミキシングの違いは何ですか?

ミキシングは曲内のオーディオコンポーネントを分配することに重点を置き、マスタリングはサウンド全体を改善し、公開できる状態にすることに重点を置きます。

Q3.自分で曲をマスタリングできますか?

はい、可能ですが、技術的なスキルと、マスタリングに使用されるツールやテクニックに関する知識が必要です。

Q4.マスタリングで使用されるテクニックにはどのようなものがありますか?

導入テクノロジーには、ダイナミック コンプレッサー、周波数処理、オーディオ チャンネル間のバランスの改善などがあります。

Q5.マスタリングは曲の最終的な品質に影響しますか?

はい、マスタリングは曲の品質を向上させ、よりプロフェッショナルで魅力的なサウンドにする上で重要な役割を果たします。

すぐに拡散できるファネルを作成する

ミックスでできることはすべて完了したことを確認したら、それをストリーミングし、新しいマスタリング セッションをアップロードします。正確な開始と終了を作成し、個別の EQ 調整とカットを適用します。必要に応じてマルチバンド コンプレッサーを使用し、幅をさらに広げるためにステレオ エンハンサーを使用します。

次に、選択したプラグインと標準プラグインを使用して、オーディオ品質を犠牲にすることなく、競争力のあるラウドネス レベルに到達します。さまざまなオーディオ システムで最終テストをいくつか追加すると、トラックを配布する準備が整います。今すぐ閲覧できます 標準的な制作テクニックではなくベストプラクティスを使用して音楽制作の品質を向上させる.

ディーズテック

私は州のエンジニアで、プログラミング、Web サイト作成、SEO、テクニカル ライティングの分野で豊富な経験があります。私はテクノロジーに情熱を持っており、質の高い情報を一般の人々に提供することに専念しています。製品レビューやさまざまな分野の特殊なアプリケーションに関する正確で信頼できる情報を探しているユーザーにとって、私はより価値のあるリソースになることができます。品質と正確性に対する私の揺るぎない取り組みにより、提供される情報が視聴者にとって信頼でき、有益であることが保証されます。知識を絶え間なく追求することで、最新の技術開発に追いつき、共有されたアイデアが明確でアクセスしやすい方法で確実に伝わるように努めています。
トップボタンに移動