カメラの代わりにスマートフォンを使用したプロの写真家としての私の経験

写真撮影が主な趣味でもあるプロの写真家として、従来のカメラからスマートフォンへの切り替えは大胆な決断でした。高度なカメラやさまざまなアプリケーションなどの最新のスマートフォンの機能により、私は基本的なツールを再考するようになりました。この経験により、スマートフォンを使用した写真撮影の可能性と、このテクノロジーがプロの写真撮影の要件にどのように対応できるかについて多くのことが分かりました。このアプローチを 1 週間テストした後、スマートフォンを使用するまでの道のりと、スマートフォンが私の仕事や写真のスタイルにどのような影響を与えたかを共有します。確認する 今日から写真撮影の習慣を始める簡単な方法.

写真 |プロのカメラマン 1 | 1VVHGGvrlj3nHgc TihiO0Q DzTechs

1. 良い写真を撮るのにまともなカメラは必要ありません

写真 |プロのカメラマン 2 | 1byc931CJX CJ npGdX 3KQ DzTechs

私は何年もの間、装置は重要であると同時に重要でないとも言い続けてきましたが、この実験を行った後もその意見を支持します。マーケティング キャンペーンに巻き込まれ、メーカーがより専門的なものが必要だと言うのを聞くのは簡単です。実のところ、デジタル カメラは写真の上達に役立ちますが、良い写真を撮るのにデジタル カメラは必要ありません。

1週間カメラを置いたとき、最初は気に入った写真が撮れないのではないかと不安でした。しかし、写真は主にあなたが伝えるストーリーであり、それはスマートフォンで行うことができます。また、Apple の写真アプリを使用すると、色を調整するのがはるかに簡単であることもわかりました。また、何が機能し、何が機能しないのかについてもより詳しくわかるようになったと思います。

実際、私は最初のカメラを手に入れることに決めるまでの数年間、もっぱらスマートフォンで写真を撮っていました。写真を真剣に撮りたいかどうかまだ迷っているなら、同じようにすることをお勧めします。また、普通の写真家であれば、スマートフォンだけを使って最高のショットを撮ることができます。確認する スマートフォンの写真をさまざまなプラットフォームに公開する前に、改善するために調整する必要がある設定.

2. しかし、スマートフォンのカメラにはまだ限界があります

ここでのコインの裏返しは、スマートフォンのカメラにはまだ限界があるということです。私は仕事でスマートフォンを使うことはないと思いますし、遠くの物の写真を撮るのにスマートフォンを使うのも好きではありませんでした。たとえば、スマートフォンで街並みや風景を撮影する場合、画質は私の意見では良くありません。

これらは、スマートフォンがカメラと競合するために必要だと私が考える機能です。スマートフォンのズーム品質は、私が慣れ親しんでいるミラーレスカメラのレベルには遠く及ばず、スマートフォンのカメラアプリを使用したとしても、専用カメラのような柔軟性はまったくありません。

すべてのデバイスには制限があり、これはカメラにも当てはまります。いつかはデバイスをアップグレードする必要があると思います。スマートフォンは、後で写真を撮りたい場合の出発点として役立ちます。

3. スマートフォンを使用することで、よりクリエイティブにならざるを得なくなりました

写真 |プロのカメラマン 3 | 1ky1oX7MVEq9mNlAm0 YRsg DzTechs

スマートフォンのカメラを使用することには欠点がありますが、1 つだけ確かに言わなければなりません。この経験のおかげで、私はよりクリエイティブになるようになり、その挑戦が大好きになりました。単焦点レンズやスマートフォンのカメラを使用すると、ズームできないことによる柔軟性の制限が、実際には自分のクリエイティブな側面をより引き出していることによく気づきます。今回の実験でもそうでした。

良い写真を撮るためにはより慎重に考える必要があったため、スマートフォンのおかげで既成概念にとらわれずに考えて、面白いアングルを探す必要が生じました。自分の周囲をよく観察して、活用できるさまざまなものを探していることに気づきました。それが最終的に、より興味深いショットにつながりました。

いくつかのアイデアが必要な場合は、このガイドを参照して始めてください。 スマートフォンの写真に完璧な組み合わせを.

4. スマートフォンでは写真の整理がさらに重要

写真 |プロのカメラマン 4 | 10UMfnAZ ewNwID84RBz4rw DzTechs

私は常にカメラの写真をさまざまなファイルやフォルダーに整理していますが、正直なところ、この領域で時々サボることがあります。しかし、スマートフォンで写真を撮るとき、カメラを使用するときと同じスタイルを維持することが重要であることにすぐに気づきました。スマートフォンのカメラロールにはスクリーンショットや動画、その他さまざまなものが含まれており、整理していないとすぐに圧倒されてしまいます。

カメラロールが乱雑にならないように、絶対に使わないとわかっている写真は削除するように努めました。これを行うには、まず気に入った写真をお気に入りとしてマークします。完了したら、他の画像を確認して、使用する価値があるかどうかを判断します。そうでなければ、保管する意味がありません。

5. スマートフォンで「日常」の写真をもっと撮りました

写真 |プロのカメラマン 5 | 1uxUAECcNtnmZo4kS7ux7sA DzTechs

カメラを捨ててスマートフォンに乗り換えたときに得たもう 1 つの興味深い洞察は、「日常」の写真をもっと撮るようになったということです。たとえば、家の中で素敵だと思ったものを写真に撮ることが多くなりました。これは主に、スマートフォンで写真を撮る方が、バッグからカメラを取り出してデバイスの電源を入れ、絞りを変更して写真を撮るよりも手間がかからないためです。

写真を撮るといつも気分が良くなるので、これはスマートフォンを使っているだけでとても良い副産物でした。またちゃんとしたカメラを使うようになりましたが、これからも続けていきたいと思っています。同じことを考えている場合は、スマートフォンの写真を投稿する前に、必ず基本設定をいくつか調整してください。

6. スマートフォンは写真の基礎を学ぶのに最適です

先ほども書きましたが、私はスマホを使って勉強していました。 写真の基本 カメラを手に入れるまでの2年間。最初にカメラを買っていればもっと勉強できたかもしれないという人もいるかもしれませんが、それは真実ではないと思います。なぜ?ツールは使いこなせなければ、どんな仕様であっても結局は役に立たないからです。

写真にまったく慣れていない場合は、スマートフォンを使用して構図や照明などの基本を学ぶことをお勧めします。良い写真を撮るための基本的な要素をマスターしたら、カメラにアップグレードできます。カメラを捨ててスマートフォンに乗り換えたときに、そのことを思い出させてくれてよかったです。

7. スマートフォンで写真を撮るときは、技術的な側面はあまり気にしません

写真 |プロのカメラマン 6 | 1LTT2tGvv65bF9ouGmLIwaDzTechs

私はここ数年、自分の創造性を抑圧しているように感じたので、写真の技術的な側面にはあまり注意を払わないように努めてきました。私の意見では、ルールを学び、それを破る方法を知ったときに、人は何かの専門家になることができます。素晴らしい写真を見るとき、どの絞りで撮影したか、カメラの ISO 感度についてはあまり考えないでしょう。

スマートフォンだけを使って写真を撮っていたときは、技術的な側面よりもカメラのことを気にしていました。その主な理由は、コントロールが弱かったため、代わりに何を撃つかに集中したことでした。ここでの主なポイントは、技術的な側面を学びますが、十分な経験を積んだら、それらを絶対的な規則ではなくガイドラインとして使用することです。確認する 低照度撮影用にカメラ設定を最適化する.

私はカメラを永久に手放すつもりはありませんが、この経験から多くのことを学びました

今週カメラから離れてスマートフォンの写真だけに集中して過ごすのはとても素晴らしく、写真の基本に戻ることができて良かったです。プロの写真撮影にスマートフォンを使うことはないので、正直に言って、ミラーレスカメラを再び使い始めることができてとても嬉しかったです。しかし、良い写真を撮りたいなら専用のカメラを持っている必要はないことに気づきました。

実際には、後でカメラにアップグレードする前に、スマートフォンを使用して写真の基本を学ぶことをお勧めします。ただし、デバイスの制限についても理解する必要があります。今すぐ閲覧できます スマートフォンでの写真撮影が最適な状況もある.

ディーズテック

私は州のエンジニアで、プログラミング、Web サイト作成、SEO、テクニカル ライティングの分野で豊富な経験があります。私はテクノロジーに情熱を持っており、質の高い情報を一般の人々に提供することに専念しています。製品レビューやさまざまな分野の特殊なアプリケーションに関する正確で信頼できる情報を探しているユーザーにとって、私はより価値のあるリソースになることができます。品質と正確性に対する私の揺るぎない取り組みにより、提供される情報が視聴者にとって信頼でき、有益であることが保証されます。知識を絶え間なく追求することで、最新の技術開発に追いつき、共有されたアイデアが明確でアクセスしやすい方法で確実に伝わるように努めています。
トップボタンに移動