携帯電話を落下や傷から守る最善の方法: 私が実践していること

特にモバイル デバイスを毎日頻繁に使用する場合、携帯電話を落下や傷から保護することが重要です。携帯電話は、偶発的な落下や硬い表面との摩擦など、損傷につながる可能性のある多くのリスクにさらされており、外観や性能に影響を与える傷や変形が発生する可能性があります。

最新の携帯電話のほとんどは前面と背面にガラスが使用されているため、携帯電話を取り扱う際は、傷がついたり、最悪の場合、画面が割れてしまうことを避けるために細心の注意を払う必要があります。以下では、ケースやスクリーンプロテクターの選択から安全な使用習慣に従うことまで、携帯電話を長期間最高の状態に保つために、携帯電話を落下や傷から守るために私が行っていることを共有します。確認する 携帯電話やタブレットを水没させた場合にそれを救うための効果的な手順.

説明 |携帯電話を保護する 1 | 1yEQQHxKF54nXQkQ278BV A DzTechs

外装を保護するソフトケース

説明 |携帯電話を保護する 2 | 1Z2zFUyjScpjgbklVqwqs6g DzTechs

ソフトフォンケースは、私の携帯電話をさまざまな傷から守るための主なツールの 1 つです。私はソフトケースを使用していますが、これは衝撃を吸収してくれるため、落下に対する保護がより優れています。携帯電話を落とさないように必要な予防措置をすべて講じたとしても、事故は起こるものであるため、これはまさに必要なことです。

また、ソフト ケースは、ハード ケースと比較して表面のグリップ力が優れているため、デバイスが滑ったり落下したりする可能性が低くなります。もちろん、ケースを使わずにスマートフォンを傷から守る方法はいくつかあります。ただし、追加の装甲を提供するために物理的なバリアを設けることに勝るものはありません。

のiPhone11ケースを使っています。 コードキング シリコン製で、ソフトケースであることに加えて、携帯電話のカメラの出っ張りもカバーします。別の携帯電話モデルをお持ちの場合は、レザー、TPU (ソフト プラスチック)、またはシリコン製の互換性のあるケースを探してください。

強化ガラス製スクリーンプロテクター

 

ソフトフォンケースは主にデバイスの背面を傷から保護するのに役立ちます。さらに、前面ガラスを保護するために強化ガラススクリーンプロテクターを使用しています。使用する理由はさまざまです スクリーンプロテクター。ただし、主な特徴は、シールドとして機能することで落下や衝撃から保護することと、画面を傷から保護することです。

特に強化ガラス製スクリーンプロテクターを選択したのは、プラスチック製のスクリーンプロテクターと比較して傷や外部からの衝撃に対する耐性が優れているためです。さらに、画面の上にペイントするのではなく、携帯電話の実際の画面を使用しているように感じます。

私の iPhone 11 には、強化ガラス製スクリーンプロテクターを使用しています。 アイラン そしてスクリーンプロテクターは スーパーシールド Pixel6a用。両社は、新しい携帯電話モデルにも同様のオプションを提供しています。スクリーンプロテクターを手に入れれば、携帯電話にスクリーンプロテクターを貼るのは難しくないので、家電量販店に行く必要はありません。

カメラレンズプロテクター

カメラレンズプロテクターを使用することは、多くの人が考えていることではありません。ただし、私は携帯電話の傷がつきやすい表面を常にすべて覆うことを好みます。私の iPhone ケースはカメラの出っ張りの上まで伸びていますが、個々のカメラレンズに必要な保護を提供しません。

これに対処するために、デバイスにカメラレンズプロテクターを付けています。カメラ レンズ プロテクターに慣れていない方のために説明すると、通常は携帯電話のカメラ レンズの上に置くことができる薄くて透明なカバーです。

スクリーンプロテクターと同様に、私はガラス製のレンズプロテクターを使用することを好みます。最も重要なことは、ケースのぴったりとしたフィット感を損なわない、非常に薄いカメラ レンズ プロテクターを使用することを好みます。この 2 ピースのカメラ レンズ プロテクターは... ESR 個別のレンズプロテクターのみを備えているため、理想的な選択肢です。市場にあるほとんどのオプションのように、カメラのバンプ全体をカバーするわけではありません。確認する どのiPhone 15ケースを買うべきですか?シリコーンとファインウーブンの比較.

小さな傷を防ぐために定期的に掃除してください

説明 |携帯電話を保護する 4 | 1AhvIkBEBVPKVWEtKhXHC2g DzTechs

実際の鎧を使用しても限界があります。時間が経つと、ほこりの粒子やその他の破片が電話機とケースの間に侵入する可能性があります。これらの小さな粒子が蓄積すると、微細な傷が発生する可能性があります。これを防ぐ確実な方法は、携帯電話とケースを定期的に掃除することです。

柔らかいマイクロファイバーの布を使用してください (マイクロファイバーのクリーニング クロスが最適です)。 マジックファイバー 良い例) 携帯電話の画面を真水で拭きます。オンラインではアルコールベースのスマートフォン画面クリーナーがたくさんありますが、私は真水を使用することを好みます。アルコールベースのクリーナーの問題は、携帯電話の接着剤を損傷する可能性があることです。

iPhone をお持ちの場合は、洗剤や研磨剤を使用しないでください。会社は言う Apple 画面の疎油性コーティングが損傷し、傷が発生する可能性があります。また、前面に綿をコーティングしたつまようじを使用して、デバイスのポートを掃除します。最後に、毛先の柔らかい歯ブラシを使用して、電話機のスピーカー グリルとマイクを掃除します。確認する 汚れた iPhone を掃除する方法: ステップバイステップガイド.

偶発的な落下を軽減する携帯電話グリップ

説明 |携帯電話を保護する 5 | 1VmjlmoNvMb6GTrgZwxUtGQ DzTechs

私の携帯電話のソフトケースはおまけとして優れたグリップを提供しますが、背面に携帯電話のグリップがあると、より良いグリップとコントロールが得られるため、さらに優れています。携帯電話のグリップは指でつかめるものなので、平らな携帯電話の表面を持つよりも確実にグリップできますが、場合によっては滑ってしまうことがあります。

これは、デバイスが大きくて、使用方法に悪影響を与えることなく快適に持つことができないと感じる場合に特に重要です。電話機のグリップにより滑りの可能性が減り、偶発的な落下の可能性が減ります。

特定の推奨事項が必要な場合は、ユニバーサル クリア フィンガー グリップを参照してください。 チチェン ホルダーとして使用できる伸縮性のあるループが付いています。携帯電話のモデルに関係なく、仕事を完了するには十分です。

危険な状況では携帯電話を細心の注意を払って扱ってください

説明 |携帯電話を保護する 6 | 12mkSnHdSJbmFuTKAI7VGtA DzTechs

上記のすべての対策に加えて、特に危険な状況では、落下や傷を避けるために携帯電話を慎重に扱います。シールドを追加して定期的にクリーニングすると、傷や落下からの保護が強化されますが、携帯電話が損傷しにくくなるわけではありません。

携帯電話を落下や傷から守るために私が守っている普遍的なルールをいくつか紹介します。

  1. 私は携帯電話を同じ手に他のものと一緒に持つことはありません。
  2. ガーデニングなどの屋外作業をするときはデバイスを使用しません。
  3. 私はデバイスを表面の端の近くに置くことはありません。
  4. 私はポケットの中で傷が付く可能性がある他の研磨アイテム(鍵など)と携帯電話を混ぜることはしません。
  5. 位置を変更できる場合は、硬い表面では携帯電話を使用しません。
  6. 充電中は、USB-C または Lightning コネクタでつや消し金属の表面を傷つけないように細心の注意を払っています。

これらのヒントは絶対確実というわけではありませんが、ほとんどのシナリオで携帯電話を落としたり傷つけたりするのを防ぐのに役立ちました。私の戦略を採用すれば、携帯電話を長年にわたって良好な状態に保つのに大いに役立ちます。これらのヒントの中には、適切なアクセサリを入手するために少しの投資が必要なものもあります。

幸いなことに、必要なアイテムはすべて 50 ドル以下で見つかります。最後に、携帯電話を細心の注意を払って取り扱うことで、多くの偶発的な落下や傷から携帯電話を守ることができます。閲覧できるようになりました 汚れたスマートフォンを掃除するための包括的なガイド.

ディーズテック

私は州のエンジニアで、プログラミング、Web サイト作成、SEO、テクニカル ライティングの分野で豊富な経験があります。私はテクノロジーに情熱を持っており、質の高い情報を一般の人々に提供することに専念しています。製品レビューやさまざまな分野の特殊なアプリケーションに関する正確で信頼できる情報を探しているユーザーにとって、私はより価値のあるリソースになることができます。品質と正確性に対する私の揺るぎない取り組みにより、提供される情報が視聴者にとって信頼でき、有益であることが保証されます。知識を絶え間なく追求することで、最新の技術開発に追いつき、共有されたアイデアが明確でアクセスしやすい方法で確実に伝わるように努めています。
トップボタンに移動